歯周病

歯周病とは

日本人成人の8割は歯周病かその予備軍と言われていますが、
歯周病は、歯に付着する歯垢に含まれる細菌の一種である歯周病菌が、歯を支える歯槽骨(しそうこつ)や、歯と歯槽骨を結ぶ歯根膜など歯の周りの組 織を溶かし、歯茎が腫れたり出血したりして、最終的に歯が抜けてしまう病気です。日本人が歯を失う最も大きな原因ですが、初期は自覚症状がほとんどないため、日頃の注意がかかせません。

【症状のチェック】 〜1つでも思い当たれば歯周病の可能性があります〜

□ 歯を磨くと歯ブラシに血がついたり、硬いものを食べると歯茎から血が出たりする。
□ 口臭がする。
□ 口の中がねばねばする。
□ 歯茎が腫れたり、ぶよぶよしたりしている。
□ 昔より歯が長くなった気がする。

【自分で取り組む予防】〜歯垢をできるだけ落とそう〜

・歯ブラシを歯、歯と歯の間、歯と歯茎の間に軽く当て小刻みに震わす。
・一方向だけでなく、上下左右に小さな円を描くようにも磨く。
・食事から1時間後ぐらいに歯磨きする。
・毛先の開いた歯ブラシは早めに交換する。
・歯間ブラシやデンタルフロス、電動歯ブラシを正しく使う。
・歯垢染色液で磨き残しを確認する。
・食事は高カロリー、高脂肪、高塩分を避け、睡眠を十分とる。

関連項目