顎関節症について

顎関節症(がくかんせつしょう)とは、顎(あご)の間接に痛みを感じたり、偏頭痛や耳の痛みを感じたり、顎(あご)の周りに筋肉が痛くなったりする症状があります。口が開かない、モノが咬めないと言ったことが起こる病気です。
主な原因は、歯ぎしり、食いしばりなどで顎(あご)関節に強い力が加わることによって発生することが多く、精神的ストレスやスポーツなど患者様により症状も含め、さまざまです。
主な治療方法としては、噛み合せ(咬合)が原因の場合は、スプリント(マウスピース)を使い、噛み合せの安定を図り、その後に矯正治療を行い、症状の改善を得ます。

歯ぎしりについて

別名「ブラキシズム」(口腔内悪習慣)、「睡眠時ブラキシズム」 とも呼ばれています。原因や症状は、個人差があります。

寝ている間、無意識のうちに歯をこすり合わせて「ガリガリ、ギリギリ」という音を発っしてしまうことです。けれども、このギリギリ、ガリガリだけが歯ぎしりではないのです。実は、音を立てなくても、歯をぐっと噛み締めることも、歯ぎしりの一種です。

【歯ぎしりの原因】

以前は噛み合わせが悪いと歯ぎしりがおこると考えられていたが、最近では間接的には関連していても、直接的な原因ではないとされている。歯ぎしり発生のメカニズムは正確にはわかっていなく、精神的ストレスとの関連が深いとされており、歯ぎしりをすることにより、不安や憂鬱を発散させているともいわれています。他には飲酒や喫煙、カフェイン摂取などが歯ぎしりの要因とも考えられている。

【歯ぎしりによる影響】

歯は垂直の力には耐えられる構造だが、歯ぎしりのような横からの力には比較的弱いです。このため歯ぎしりが長期間続いた場合には、歯と歯槽骨を結合する歯周組織が傷む事があります。
また歯周組織の状態が良くても、歯ぎしりによって、歯が摩耗したり、咀嚼(そしゃく)筋や耳の前の顎関節に負担がかかったりすることがあります。

【歯ぎしりの改善点】

歯ぎしりによる歯や顎関節への負担を減らすため、スプリント(マウスピース)を使い、噛み合せの安定を図り、その後に矯正治療を行い、症状の改善を得ます。
マウスピース自体では歯ぎしりを減らせませんが、上下の歯が直接触れない様にしたり、顎関節の負担を軽減し、歯ぎしりで歯にかかる力を分散したりする事により、 結果的に歯ぎしりが落ち着く事もあります。

関連項目